テレマークスキー

レッスン

IMG_5075.JPG
はじめに

 近代スキーの原型は、19世紀後半にノルウェー南部のテレマーク地方にあるモルゲダール村で生まれました。

 『近代スキーの父』と呼ばれるソンドレ・ノルハイムが足を前後に開いてターンをする「テレマークターン」を考案し、彼は多くの大会で勝利しました。その後、より滑降に特化した踵を固定するアルペンスキー、細く長く軽くなって走りやすくなったクロスカントリースキーへと進化していきます。テレマークスキーとは最も最古のスキー原型であり、オリジナルなのです。その後、テレマークスキーは故郷を離れアメリカに移民した若者たちによって、見事に復活し現在に至ります。踵が離れているので不安定に見えますが、逆に考えればリカバリー範囲がアルペンやスノーボードよりも広く、極めて実践的な道具なのです。

 自己流では、なかなか上達し難いテレマークスキーですが、実はアルペンスキーよりも早くツアーデビューできるスキーです。その理由は、テレマークターンを習得していく過程にあるスキルが実践的なテクニックであり、悪雪や急斜面に対応できるからです。テレマークターンを習得することにより、ツアーテクニックも同時に向上して行くことが理想的な学びへと繋がります。そして、スキーが上達するまでには転んで立ち上がったり、平地を歩くことが多く、踵が固定されていない方が動きやすいのです。これらの条件を考慮すると、初心者がスキーを始めるにあたりテレマークスキーは学びやすく習得しやすいと言えます。もしも、あなたのスキーのゴールがゲレンデではなく山々の斜面であれば、テレマークスキーは良きパートナーと成るでしょう。

IMG_0022.jpg
IMG_0035.JPG

期 間

スキー場の営業期間中

日 程

[2022年]​

1月16日(日)、23日(日)、29日(土)

2月6日(日)※練習会、11日(金祝)

​3月5日(土)、12日(土)、19日(土)

4月2日(土)

その他、ご希望の日程をご連絡下さい。(午前・午後で、合計5時間程度)

 

開催場所

丸沼高原スキー場、その他ご希望のスキー場

 

受講料

6000

※この他、インストラクター経費(インストラクターが現地まで行くのに必要な往復の交通費、リフト代などを参加人数で割った料金)を回ごとにご負担いただいています

 

備 考

・道具がない方はご相談ください。

・レッスン希望の方は、使用器材について(75mm、NTN、3ピン、革靴)もお知らせ下さい。

​※講習中の飲酒・喫煙はご遠慮ください

「PSIA NORDIC TEAM 」のScotty Macgee氏は、

私と同い歳の恩師です。

同じく、「PISA NORDIC SKI TEAM」の

Craig Panarisi氏は私の師匠です。

彼は、全米テレマークモーグルの

チャンピオンに4回輝いています。