DSC02084_トリミング_ss.jpg

WHAT'S NEW

➡︎ 2022.04.01

マルチピッチクライミングバリエーションハイキングの受付を開始しました

GUIDING SERVICE

ガイド
マルチピッチクライミング

 

「子持山・獅子岩」
「二子山・西岳中央稜」
「裏妙義・木戸壁」
ガイド
バリエーションハイキング

 

「妙義山・星穴岳」
「表妙義縦走」
「裏妙義・丁須の頭」
「谷川岳一ノ倉」
NEW
ガイド
バックカントリースキーツアー

アルペンスキー、テレマークスキーの経験者を対象とした100%バックカントリーツアーです。ゲレンデアクセスによるリフトやゴンドラ、ロープウェイなどを一切使わず、自分の脚でハイクアップし滑って帰ってくるツアーです。

ガイディングをご依頼される皆さまへ

ガイディングを希望される皆さんに、ご依頼前に良く理解していて欲しいことがあります。

 

私たち山岳ガイドは、皆さんの命を預かるという立場に有りながら「常に危険と隣合わせの活動」を行なっています。

これは、すべてのアウトドアスポーツにおいて“100%安全であると言うことが有り得ない”と言うことです。

 

「ケガをしたく無ければ、飛ばなければ良い」、これはライト兄弟が残した有名なセリフです。

このセリフを借りるならば、「ケガをしたく無ければ、山に登らなければ良い」とも言えるでしょう。

 

私たちはクライアントの安全を守ることが仕事ですが、敢えて危険な場所へ向かいます。

この矛盾した行動を私たちが行なっているという事を、ガイディングを希望するクライアントである皆さんと私たち山岳ガイドは共に理解しておく必要性があるのです。

 

アウトドアスポーツの醍醐味は、危険だと思われることを可能なだけ安全に行うことであり、「危険が嫌なら行わない」ということではありません。

その為には、受け入れられるリスクを的確に判断し、スキルとエビデンスにより危険を予見し回避する能力が必要です。

 

皆さんの憧れのルートに必要なスキルが80%程度あれば、残りの20%を私たち山岳ガイドがカバーすることでガイディングが成り立ちます。

時間と共に変化する自然環境の中で、その状況を共に認識し合い危険に向かって協力し合うことが必要だと私たちは考えます。

 

“Life is short “

限りある時間の中で自分の可能性を信じた皆さんと、素晴らしい時間と、観たことのない素晴らしい景色を共有できることを心よりお待ちしております。

《お申し込みについて》

ガイディングへのお申し込みにあたり、以下の項目について詳細な打ち合わせが必要となります。

・過去の登山歴

・現在の体力と健康状態

・持ち物(ウエア、クライミングギア、行動食)

・クライミング能力(OS、RPグレード)

​ ※クライミングガイドの場合

ご希望のルートに向けての講習も可能ですので、心配な方は是非ご相談ください。